【オンライン開催】成長期アスリートの身体を知ろう!~子どものスポーツ障害を減らすために

プロアスリートから子どもまで、幅広くアスリートを診察するスポーツドクターが、どうやって成長期アスリートのけがを減らしていくべきかをわかりやすく解説してくれます。

日時:2021年11月5日(金)20時〜(終了予定21時45分)
ゲ ス ト:大関 信武 先生 東京医科歯科大学整形外科
進  行 :島沢 優子(スポーツ・教育ジャーナリスト)
参加費:無料
主 催:(株)GMSSヒューマンラボ
協 力:(株)バルシューレ・アカデミー
*詳細並びに参加申し込みはPeatixよりお願いします。
問い合せメールアドレス:adm3@gmss.jp
メールからの申し込みも受けつけます。
(「第13回スポハグカフェ参加希望」と表題をつけたうえで氏名、年齢、職業もしくは所属をadm3@gmss.jp宛にお知らせくだされば24時間以内にご案内いたします)
(申し込み受付 2021年11月5日17時まで)

大関 信武(おおぜき・のぶたけ)プロフィール〉
整形外科専門医・博士(医学)、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事
1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。2002年滋賀医科大学卒業、14年横浜市立大学大学院修了。15年より東京医科歯科大学に勤務。野球、空手、ラグビーなどを通じて、野球肘、肩関節脱臼、アキレス腱断裂、骨折多数など自身が多くのケガを経験。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「スポーツ医学検定」を開催している。
現在、読売巨人軍チームドクター、栗田工業ウォーターガッシュ、拓殖大学ラグビー部、文京ラグビースクールでメディカル担当。19年ラグビーワールドカップでは選手用医務室ドクター、東京2020オリンピック・パラリンピックでは選手村総合診療所整形外科ドクター。八王子スポーツ整形外科、蓮江病院でも診療。

島沢優子(しまざわ・ゆうこ)プロフィール〉
ジャーナリスト&ブックコーディネーター。日本文藝家協会会員。
筑波大4年時に全日本女子バスケットボール選手権等で3冠。卒業後、英国留学を経て日刊スポーツ新聞社東京本社勤務。1998年からフリー。週刊誌『AERA』や『東洋経済オンライン』等ネットニュースに執筆。『講談社現代ビジネス×FRAU』『サカイク』で連載。著書に、『左手一本のシュート』(小学館)『桜宮高校バスケット部体罰事件の真実 そして少年は死ぬことに決めた』(朝日新聞出版)『部活があぶない』(講談社現代新書)『世界を獲るノート アスリートのインテリジェンス』(カンゼン)など。2020年より公益財団法人日本バスケットボール協会インテグリティ委員。